『徒然と』・・・道楽

話題の芸能ニュースから、真面目なニュース、オカルトネタまで。 管理人ひと言と一緒に2ちゃん、ツイッター、YOUTUBEと、ひとまとめに投稿中です。

トップページ >> カテゴリ: 『政治・政治家・政党』  >> 【朗報】もんじゅ運営剥奪検討 もんじゅで規制委が文科省を批判 設置許可取り消し「排除しない」【社会】


もんじゅ地図 <<画像クリックで拡大>>

 安全上の不備で運転停止が続いている高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、政府が日本原子力研究開発機構から運営の剥奪を検討していることが31日、分かった。原子力規制委員会は2日に機構の児玉敏雄理事長を聴取した上で、11月中にも規制委発足以来初めてとなる勧告権の行使を念頭に「重大な決定」を下す。投じた燃料以上の燃料を生み出す「夢の原子炉」と呼ばれた高速炉は重要な岐路を迎える。

 勧告権の相手方は、原子力機構の主務官庁の長である文部科学相になる。規制委から勧告を受けた場合、文科相は機構に代わる運営主体を探すなどの検討に入るが、ふさわしい運営主体が見つからない場合、もんじゅの廃炉も現実味を帯びてくる。

 もんじゅをめぐっては、平成24年11月に約1万件の機器の点検漏れが発覚。規制委が原子炉等規制法違反と判断し、事実上の運転禁止命令を出した。

 その後の3年間で、ナトリウム漏れ監視カメラの故障を放置していたり、機器の重要度分類を間違えたりするなどの問題が相次いだ。特に、規制委が定期的に行う保安検査では、約8割の違反を認定した。

 規制委はこれまで、原子力機構に安全管理体制の見直しを図る保安措置命令も発しているが、現地の検査官は「品質保証が乏しく、技術レベルが低い」と認識。規制委の更田(ふけた)豊志委員長代理も「安全に関する問題はいつまでも待ち続けられない。ラストチャンスは過ぎた」と怒りをあらわにしている。

 規制委によると、設置法上、「原子力利用における安全確保に関する事項」について、規制委は他の行政機関の長に対し勧告権を持つ。これまでは慎重姿勢を示していたが、児玉理事長の対応を見極めて、権利の行使も考えているという。

 高速炉は、日本の原子力政策の中核である「核燃料サイクル」の一翼を担い、もんじゅには総事業費1兆円以上をかけてきた。政府はもんじゅを存続させる方針だが、度重なるトラブルでほとんど動いたことのない原子炉を扱える組織があるか、早急の対応が必要になる。

【画像及び本文全文。又は一部引用。元ソースはこちら >> YAHOO ニュース



日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ <<画像クリックで拡大>>

 日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)で機器点検をめぐる管理ミスが相次いでいる問題で、原子力規制委員会は21日の定例会合で、原子力機構を所管する文部科学省の田中正朗研究開発局長から意見聴取した。田中局長は「機構の改善は前進している」と説明したが、委員からは「及第点に達していない」「改善の途上という説明は繰り返し受けた。ラストチャンスは過ぎた」などと厳しい批判が相次いだ。

 規制委は機構の児玉敏雄理事長からも11月上旬に意見を聞く方針。規制委の田中俊一委員長は会合後の記者会見で「文科省の説明は、われわれが納得できる段階のものではない」と話し、今後の対応については慎重に検討するとした。原子炉等規制法で定められた設置許可の取り消し処分についても「排除しない」と述べた。

 会合で田中局長は、2013年5月に設置した文科省の改革本部で、安全性を最優先に組織改革を進めてきたと説明。「不十分だが、機構の改善は着実に進んでいる」と述べ、技術的な蓄積がある機構が引き続きもんじゅを運用するべきだと主張した。

 これに対し更田豊志委員は「文科省がさまざまな手を打っているのは理解できるが、結果が出ないことに問題の深刻さがある」と批判。田中知委員は1995年のナトリウム漏れ事故に触れ「機構はこれまで改革を繰り返してきたが、満足できる成果は得られていない」と述べ、もんじゅの運転管理を機構に委ねることについて「まだ及第点に達していない」と指摘した。

 もんじゅの機器点検漏れは2012年11月に発覚。規制委は13年5月、再発防止体制が構築されるまで事実上の運転禁止命令を出した。しかしその後も点検をめぐる管理ミスが相次ぎ、今年9月には機器の点検期間や方法を決める前提となる安全上の重要度分類が間違っていたことが判明した。

【画像及び本文全文。又は一部引用。元ソースはこちら >> YAHOO ニュース


原子力なんて人間の力でコントロール出来るもんでは無いと気づいた方が良いのでは。

多くの規制は後付けだし・・・

By 道楽 倖介

112)そのプルトニウムがもんじゅには約1.4tも使われています。長崎の原爆は約8kgだったそうですが、一体、もんじゅのプルトニウムでどのくらいの原爆ができますか。それに、どんなに微量でも肺ガンを起こす猛毒物質です。半減期が2万4千年もあるので、永久に放射能を出し続けます。
もんじゅの代替施設(新しい核廃棄物リサイクルプラン)もなく、最終処分場候補地さえ決まらずに原発を再稼働させようって人たちは、原発使った後のブツをどうする気なのだろうかと思う。
もんじゅを廃炉したら、最終処分場を作らねばならず、その時点で原発再稼動終了のお知らせだから、どうあっても「存続」だけはせねばならず、運営してる組織のせいにして「移管の検討」で時間を稼ぐしかないというのが・・・
Q. 動いていないっていったって、いまも予算は使っているんでしょ?
A. そうだよ。高速増殖炉もんじゅだけでも、1日に5500万円......。
@nied_inok 『もんじゅ』の危険さやズサンさを説く人は日本中にいるが、『こうすれば良い』という改善を進言できる人がいない。
もっと具体的に言えば『出来ないと言うのはアホでも言える。』しかし『どうしたら良いかを言える人は何処にいる?』『それは東芝の技術者かもしれない。』
A. もんじゅだけでこれまでに1兆円いじょう、六ヶ所村はそれの何倍もかかっているから、経産省さんも電力会社さんも「正直、もうやめたい」って考えていた時期もあったみたい。でもやっぱりやめるってことは「これまでまちがってました」って責任とることになるから、ふみきれなかったんだって。
もんじゅ運営はどうでもよいから過去につぎ込んだ税金を早く国民に返しなさい。
もんじゅ、職員の士気が低下しすぎて、どうにもならん状態らしい。そもそも欠陥施設だから、やる気もおきんだろう。
もんじゅは危なっかしいから廃炉にしてくれ・・・と言いたいが、燃料の冷却が水やなくてナトリウム??と考えると廃炉も容易やないな??
燃料に水かけたら??爆発するらしいと聞いたことあるし??
もんじゅについては、一度この枠組みでのプロジェクトとしては廃止し、その上で改めて高速増殖炉とか燃料リサイクルの問題については上のレイヤで検討すべきだと思う。炉の中に落っことした時点でそう決断するべきだった。
高速増殖炉もんじゅ、いつまで経っても実用化しないから中の人の士気もダダ下がりだろうし、だからこそあんなに検査漏れとかあるんだろうな。
つくづく文科省はいらない。文科省廃止。高速増殖炉「もんじゅ」が象徴しているが、何の役にも立っていない。そこにあるのは利権だけ。官僚のためだけにある役所。このままいくと、そのうち国定教科書作るとか言い出すだろう、韓国みたいに。問題は、子どもの貧困率増加、教育の機会均等に反する流れ。
神戸新聞1日付社説。”引導”!その通りだ:

安倍政権は昨年春に決めたエネルギー基本計画であらためて核燃サイクル維持ともんじゅ存続を決めた。…危険極まりない。位置づけを曖昧にしたまま毎年200億円を支出することが許されるのか。安全と規律を守る観点から引導を渡す判断があっていい
おー? やっともんじゅに止め刺す気になったっぽい?
夢の高速増殖炉もんじゅ。馬鹿げた夢は早よ終わらせろ。

コメント一覧

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック



当ブログでは相互RSSを広く募集しております。
お申し込みは右記リンクよりお気軽にどうぞ。 >> 相互RSS・相互リンク募集中! 

各記事へのコメントやSNSボタンなどご参加くださると、凄く励みになります。
お気軽に、是非宜しくお願いいたします。m(_ _)m

ブログランキング参加中
  • ブログランキングならblogram
  • フィードメーター
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

このページのトップヘ