『徒然と』・・・道楽

話題の芸能ニュースから、真面目なニュース、オカルトネタまで。 管理人ひと言と一緒に2ちゃん、ツイッター、YOUTUBEと、ひとまとめに投稿中です。

トップページ >> カテゴリ: 『宇宙』  >> 【ロマン】アインシュタインの予言 実証なるか?「重力波」検出目指す観測施設「かぐら」が岐阜に完成【宇宙】


重力波観測の仕組み
<<画像クリックで拡大>>

 宇宙から届く謎の「重力波」の検出を目指す東京大宇宙線研究所の観測施設「KAGRA」(かぐら)が岐阜県飛騨市神岡町の地下に完成し6日、報道陣に公開された。

 重力波は非常に重い天体が激しく動いたとき、重力の影響で空間にゆがみが生じ、それが波のように遠くまで伝わっていく現象。アインシュタインが相対性理論に基づき約100年前に存在を予言したが、直接観測した例はない。

 かぐらは長さ3キロのトンネルをL字形につなげた構造で、中心部からレーザーを2方向に同時に発射。重力波が届くとトンネル内の空間がゆがんで伸縮し、レーザーが鏡で反射して戻ってくるまでの時間にわずかな差が生じるのを検出する。振動が少ない地下200メートルに建設した。総工費は155億円。

 今年度中に試験観測を開始。追加工事を経て平成29年度に本格観測に入れば、1年以内に重力波を捉えられるという。世界初の観測に成功すれば、ノーベル物理学賞の受賞が決まった梶田隆章氏が素粒子ニュートリノの質量を発見したスーパーカミオカンデに続き、神岡の施設群で3つ目のノーベル賞が確実とされる。

 ただ欧米も類似の施設で観測を目指しており、競争は激しい。同研究所の三代木伸二准教授は「人類初の観測をぜひ実現したい」と意気込む。

 重力波の観測は光やX線などでは捉えられなかった天文現象や、宇宙誕生時の謎の解明に役立つ。かぐらを統括する同研究所長の梶田氏は「神岡の地から新たな研究分野が生まれるような成果が出てほしい」と期待を込める。

【画像及び本文全文。又は一部引用。元ソースはこちら >> YAHOO ニュース


夢の有る話ですねヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

自分が生きてる間に何処まで宇宙の謎が解明されるのでしょうか?

By 道楽 倖介

@earl_apple SFモノの「異常な重力波を検知!」とかってどうやって調べてるのか気になるよね!
重力波望遠鏡……なにこのワクワクする名前!
重力波望遠鏡KAGURAが完成したという。ノーベル賞につながるとかで、騒がれているが、何百億円も施設、設備にかかっているという。世界では、まだ紛争や飢餓の問題、医療や福祉の問題などが残っている。浮かれていてはいけない。
鉱山跡地に重力波観測装置ってカッコよすぎるだろう
重力波は実感にむしろ添う。余剰次元こそ神楽か。前ツイ書には、「皆仕事(論文)になるからやっているだけで、誰も本当にそんなものがあるなんて思っちゃいないよ!」と科学者から言われたと/p139。「数学はキライ なんか……かわいくないから」の大石蘭も、荻窪のカフェ「6次元」行ってたが。
ブラックホールの発生の瞬間とか重力波を観測するってすごいよなてか予言してたアインシュタインすごすぎる
重力って波なの?重力子っていう概念なかった?
光みたいに波でも粒子でもあるみたいな感じなの?
アインシュタインが100年前に予言した重力波を検出するカグラが近く稼働する。重力によって時間、空間が曲げられることが実証される。証明されればノーベル賞ものと言われる。
重力波望遠鏡の名前がKAGRA(かぐら)とかいいね笑

コメント一覧

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL



当ブログでは相互RSSを広く募集しております。
お申し込みは右記リンクよりお気軽にどうぞ。 >> 相互RSS・相互リンク募集中! 

各記事へのコメントやSNSボタンなどご参加くださると、凄く励みになります。
お気軽に、是非宜しくお願いいたします。m(_ _)m

ブログランキング参加中
  • ブログランキングならblogram
  • フィードメーター
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

このページのトップヘ