『徒然と』・・・道楽

話題の芸能ニュースから、真面目なニュース、オカルトネタまで。 管理人ひと言と一緒に2ちゃん、ツイッター、YOUTUBEと、ひとまとめに投稿中です。

トップページ >> カテゴリ: 『ペット・動物・昆虫』  >> 【感動】なんとネコが他人同士の文通のお手伝い。その数なんと2年半で800通を超す。【ネコ】


チャアチャをかわいがる波恵さん
<<画像クリックで拡大>>

 見知らぬネコが家に上がり込み、100歳を超すおばあちゃんになついた。娘が首輪に手紙を結んでみたら、飼い主まで運んだ。飼い主がノートに貼ってためた手紙は、2年半で800通を超す。手紙で結ばれた二つの家は、「伝書ネコ」あるいは「介護ネコ」と呼んでかわいがっている。

 熊本県玉名市溝上の田んぼが広がる集落で、ネコは高木波恵さん(107)に毎日のように会いに来る。気立てが優しく行儀がいいので、波恵さんも気に入った。

 長女の恵子さん(76)がネコの帰り道を観察し、約100メートル離れた家に住む高木洋さん(56)と美津子さん(61)夫婦が飼い主だと突き止めた。教師だった恵子さんにとって、洋さんは中学時代の教え子だった。「愛する飼い猫が知らないところで何をしているか、教えてやったら喜ぶだろう」と紙片にネコの行動を書き、首輪に結んでみた。

 飼い主の美津子さんは最初に手紙を見た時、「達筆なので誰からだろうと不思議に思っていた」。数回送った後、恵子さんは洋さん夫婦に送り主であることを打ち明けた。

 ネコは雄の推定9歳で、名前は「チャアチャ」。人間なら50代前半ぐらい。関西の六甲山周辺で迷いネコとして保護され、6年前に兵庫県西宮市に住んでいた洋さん夫婦が引き取った。夫婦は翌年、チャアチャを連れて洋さんの故郷の玉名市溝上に移ってきた。

 昨年4月11日の手紙。「ミャオーと言って家の中へ。牛乳一杯(だけ与えた)。地区のパトロール忙しい様子。バアバになでてもらって、ハーイサヨナラと言って外へ」。飼い主の美津子さんは「子どものいない私たち夫婦にとって、チャアチャは子ども同然。外でそんなことやってたのかって、意外な面がわかって助かる」と語る。

【画像及び本文全文。又は一部引用。元ソースはこちら >> YAHOO ニュース



ネコちゃんの心温まる話ですね。(´∀`*)ウフフ

107歳のおばぁ~さんに推定9歳のチャアチャちゃん。
長生きしてくださいね。

By 道楽 倖介

”チャアチャ”で画像検索

<< クリックで画像拡大 >>

チャアチャかわいいよチャアチャ(伝書ねこ)
伝書猫、チャアチャかわいい…
チャアチャの話をmixiで読んだけどうちもぬこ飼いたーい
しかし、チャアチャを膝に乗せる方も、乗る方も、両者絶対慣れていないだろうと思える一枚だな……
↑ 涙腺決壊…チャアチャ、おりこうだ~~!!

コメント一覧

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック



当ブログでは相互RSSを広く募集しております。
お申し込みは右記リンクよりお気軽にどうぞ。 >> 相互RSS・相互リンク募集中! 

各記事へのコメントやSNSボタンなどご参加くださると、凄く励みになります。
お気軽に、是非宜しくお願いいたします。m(_ _)m

ブログランキング参加中
  • ブログランキングならblogram
  • フィードメーター
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

このページのトップヘ